30代 シンガポールお父さんブログ

現地採用として働く30代 妻一人子一人の生活

夫婦の対等な関係、対等な家庭経営、対等な家計運営

うちは夫婦共働きで家庭を二人で支えています。

なので、家事についても基本的な考え方は半分半分にしています。

 

f:id:singapore023:20160907094807j:plain

 

それは単純に労働を半分半分にするということではなく、精神的に半分半分にするというと、なんじゃそりゃ?って感じなんですが、

 

要するに思いやりを持って余裕がある人が今やるべき家事をまわして、疲れている人は休むっていう原理のもと対等な関係が保たれています。(と思っている)

 

これは収入とお小遣いについても同じ考えで、夫婦の収入には差があるけれども、労働に出ている時間は同じで、それは家庭を支えるためにしている仕事なので、収入に差があれど、お小遣いは同額です。

 

言うなれば一つの家庭・家計を一緒に運営している共同経営者みたいな感覚です。

表現の仕方を変えるならば、共産主義家庭とでも言えるのかな。

 

外で稼いだお金は一旦家庭に入れ、そこからお小遣いを貰うっていう。

ちょっと煩わしさはあるんですが、対等な関係を保つためにやってます。

f:id:singapore023:20160907100348j:plain

 

それぞれお小遣いとして自由に使っていいお金がちょろっとあって、

それ以外に家族の娯楽としての旅行だったり、大きな買い物はそれぞれ共同経営者として何にどれくらいお金を使うかを決めています。

 

今のところ、うちではこのやり方で対等でいい夫婦関係を築けていますよ。

 

読者募集中です!気に入っていただけたらポチっとお願いします!